秘書の仕事内容とは?

秘書とは、上司の業務をサポートする仕事のことです。秘書には、企業幹部を補佐する企業秘書の他、法律秘書、医療秘書、政治秘書、学校秘書など、様々な種類があります。一般的な秘書の業務は、上司のスケジュール管理、社内外とのミーティングなどの各種調整、情報収集や整理、電話・メール応対、来客アテンドなどです。秘書は幅広い業務に関わるため、より高いレベルの仕事を求められます。ビジネスマナー、コミュニケーション能力、情報処理能力など、仕事をする上で様々なスキルが必要になるでしょう。

秘書に必要な資格とは?

秘書の仕事には、必ずしも資格が必要とされる訳ではありません。しかしほとんどの秘書は、秘書技能検定やCBS検定という資格を取得しています。秘書関連の資格を取得すると、仕事に必要なスキルがあるという証明になります。秘書技能検定は、財団法人実務技能検定協会が実施している資格試験のことです。受験資格はないので、秘書の仕事をしたことがない人でも受験することができる資格です。社会人としてビジネスで必要とされる一般常識やマナーなどの知識を身につけることができます。

また、国際秘書検定とも呼ばれるCBS検定も、秘書に人気の資格の一つです。CBS検定は、一般社団法人日本秘書協会が実施している検定です。この資格を取得すると、英語と日本語の両方をコミュニケーションの手段として使い、秘書業務ができるという証明になります。外資系企業や海外での仕事が多い企業で働きたい人におすすめの資格です。

電話やウェブ申請をすることで、秘書の派遣を利用することができます。様々なプランが用意されているので、仕事で忙しい方におすすめです。