自分の経験や資格を確認しておきましょう

役員専属の運転手は、他の運転手の平均給与と比較すると、高額の報酬を提示される場合が少なくありません。これは、専属運転手に求められる条件が多いからです。
求められる条件のうち資格については、普通自動車第一種運転免許を持っていることが挙げられます。通常、大型車や特殊車両を運転することはありませんので、運転のために必要な資格は、これさえあれば大丈夫です。
その代わり、求められるスキルはかなり多くなります。まずは、事故や違反等の運転歴です。一番重要なスキルは安全運転ですので、無事故無違反の経歴のある人物が求められます。

また役員を遅刻させるわけにはいかないので、地理に詳しく、時間帯による道路の混雑状況などをわかっている人物が求められます。事故や渋滞があった時に、回避ルートを知っている人物は好印象を持ってもらえます。

専属運転手を目指すなら経験を積みましょう

安全運転は、運転行に携わる人であれば最優先で意識したい運転技術です。プライベートでの運転も含め、交通法規の順守やマナーの確認といった事を意識した経験を積んでいくのが大事です。また、仕事を希望するエリアの道路状況を頭に叩き込んでおく必要があるので、エリアの地理の他に、混雑しやすい道路と時間帯、抜け道ルートなどを覚えるようにすると、いい経験が積めます。

一方で、役員運転手は相手型企業の社長を始めとするトップの方とのコミュニケーションが発生することがあります。このため、所作やマナー、ある程度の教養や知識が求められます。日々の努力が大事になってきます。

運転手の派遣を探しているのであれば、ドライバー派遣サービスを利用するのが便利です。ネットで検索するとすぐに見つけることができます。