外資系企業は実力を評価してもらえる!

どれだけ頑張っても評価してもらえないと悩んでいる人も多いですよね。努力や実力が評価されないとモチベーションを維持する事が難しなります。外資系企業に転職するメリットとして「実力のしっかりと評価してもらえる」といった点が挙げられます。外資系企業のほとんどは、年齢・性別に関係なく、その会社での実績や能力の高さが評価してもらえます。結果を出せば、しっかりと認めてもらえる環境の方が働き甲斐がありますよね。

外資系企業は平均給与が高い!

外資系企業に転職する人が多い理由には「平均供与の高さ」も含まれています。同業他社で仕事内容があまり変わらない場合でも日本企業と比較すると給与が約1.5~2倍になる事も珍しくありません。今の会社の給与では生活が苦しい、仕事量と給与の見合わないと感じた人の多くが外資系企業に転職しています。

休日を取得しやすい環境が揃っている!

休日や仕事終わりのプライベートは大切にした方が社員の仕事効率が良くなると考えている外資系企業が多く存在します。社内カレンダーに合わせてしっかりと休日を取れるのが当たり前で、休日出勤や無理な残業を強要される心配がありません。さらに、日本企業と比較すると有給休暇取得率が高い企業が多いので長期休暇の取得も実現出来ます。

外資系企業は雇用環境が不安定?

数多くのメリットがある外資系企業ですが「雇用環境が不安定」といったデメリットが存在します。実績や能力の高さを評価してもらえる一方、実績・成果を出していないと解雇される可能性があります。同じ企業で長く働きたいという安定志向の人は注意が必要です。

外資系転職をお考えの場合、自身の希望する給与や職種に合った会社への採用を目指すには、英語のスピーキング力の中でも、日常会話だけでなくビジネス英語がマスターできているかどうかも重要になります。