外資系への転職では交渉が肝心

外資系企業に転職するときには雇用契約への対策を整えておくのが大切です。求人に基本的な雇用条件については記載されていて、その内容に応じて応募したのだから雇用契約書を出されたらサインすれば良いだけだろうと思っているかもしれません。しかし、外資系では国内企業に比べると個人の力を尊重する傾向が強くなっています。個人と企業の間での契約にも交渉の余地が十分にあるので、契約書にサインをする前に交渉をするのが大切なのです。雇用契約書を提示されてそのままその場でサインをするという流れになるのが一般的ですが、そこで一度持ち帰って判断したいと申し出ても問題ありません。また、その場で内容について詳しく説明してもらうこともできるので、内容を確認して交渉の余地を探しましょう。

交渉すべきポイントとは

雇用契約をするときに交渉すべきポイントは人によって異なります。自分がこだわりたいポイントを交渉して、より納得できるものにするのが目標です。典型的なのは年収で、この金額では納得できないという場合には具体的な数字を出してみましょう。それが原因ですぐに断られるということはまずありません。難色を示されたときにもきちんと理由を付けて、自分はこういう形で貢献できるからこのくらいの年収が相応だと説明しましょう。論理的に説明をして交渉をするのは外資系でとても重視されている点です。その交渉を通して有用な人物だと認めてもらえれば、年収が上がるだけでなく評価も高い状態で入社できるでしょう。

外資系求人は、条件を絞り込むことができますし、ハイクラスなものが多く、採用後の定着率が良いものが目立ちます。