入社祝い金ってどういう意味?

入社祝い金とはその名の通り、採用が決まった時に支払られる、特別ボーナスのようなものです。給料とは別に入社祝い金は支給されるので、なんだか得したような気持ちで就職することができます。入社祝い金は、タクシードライバーや、工場の派遣社員、期間工の求人などでもらえることが多いです。入社祝い金は、多い所では数十万円以上もらえることもあるので、これを仕事に対するモチベーションにし、就職する会社を選ぶのも悪くないでしょう。

入社祝い金をもらう時の注意点

入社祝い金は、採用されてすぐにもらえるわけではありません。入社金を受け取った求職者にすぐにやめてもらっては困りますし、ある程度の条件を満たさないともらうことができなくなっています。条件は会社によって違いますが、入社1ヶ月後に最初の給料と一緒にもらえることが多いです。また、遅刻、欠席、早退の回数なども、入社金がもらえるかもらえないかの判断基準になることもあるようです。入社金目当てで求人に応募したのに、条件を満たせずもらえなかったのでは本末転倒。入社祝い金を確実にもらうために、求人に応募する際は条件などをしっかり確認しましょう。

入社祝い金の求人に応募する時に大切なこと

入社祝い金はとても嬉しい制度ですが、それだけで求人を選ぶのは良くありません。入社祝い金が多くても、月収や待遇面が低ければ、長期的に見て損をすることになります。また、スキルアップやキャリアアップができない職場ならば、仕事を続けていて得られるものも少なくなってしまいます。入社祝い金だけを目当てに職を転々とした場合、再就職もどんどん不利になっていくでしょう。目先の利益だけに惑わされず、将来を見据えながら求人を選ぶことが、転職活動において最も大切です。

綜合キャリアオプションの登録者が知人を紹介して登録が成立すると、紹介した側と紹介された側の双方に謝礼が支払われます。