残業は減少しています

工場の仕事のイメージでいうと、設備につきっきりで決められた仕事が終わるまで残業するイメージがありますが、近年残業は減少しています。工場でもIT化が進み、設備も無人で稼働するなどの改善がおこなわれています。難しい検査も画像検査機などの設備に置き換えられています。数年前と比較したら、残業時間は大きく減少しており、組合と会社側が協力して労務改善も盛んに行っています。定時間退社日を設けるなど、労使が共同して働き方改革が進んでいるのです。残業時間は減っていますが、改善によって生産性があがり、従来と同等以上の仕事ができる様になってきており、利益を伸ばしている企業も多々あります。その分、賃金にも反映されてきています。

有給休暇が取得しやすい

工場では他のサービス業などと比較して、有給休暇が取りやすいと言えるでしょう。もちろん企業によって差はありますが、仕事にローテーションを組んでいたり、自分の代わりに仕事をお願いできる人がいることが、休みが取りやすい要因となっています。企業側も計画的に有給休暇を取得させるシステムを運用していたり、有給休暇の付与日数も多くなっています。今後、法律でも有給休暇取得の義務化が進められるようですが、工場では比較的対応がしやすいと言えるでしょう。工場の求人は、自分磨きで余暇に学校へ通いたいとか趣味を極めたい・家族サービスを充実させたい人にはお勧めです。自分のさらなるステップアップのために、十分な時間が保証されています。

エヌエステックの求人情報なら