国家試験と受験できる条件について

薬剤師になる条件として、まず国家試験に合格しなければいけません。国家試験に合格して晴れて薬剤師と名乗れるようになるので、まずは国家試験の受験条件について見ていきましょう。受験するには、指定された学部を6年以上修業しなければなりません。つまり、独学で薬剤師に関する勉強を続けて国家試験を受験する、というルートは辿れないのです。薬という命に直結する物を取り扱うからこそ、高い信用性が求められますし、その条件として課されているのがこの6年という修業期間なのです。また、最低でも6年間は大学に在籍していなければならないので、相応の費用もかかります。国公立大学の薬学部に進学すれば多少費用は抑えることもできますが、私立に進む場合はある程度の出費も覚悟しなければなりません。

薬剤師の就職先について

国家資格を取得できれば、ようやく薬剤師としてのキャリアをスタートできます。薬剤師の就職先はいくつもありますが、代表的なのはやはり薬局ではないでしょうか。薬の調合から薬の使い方の指導に至るまで、薬学部で学んだことを存分に発揮できる舞台が薬局にはあります。もしも接客に自信があるのなら、ドラッグストアへ進むという選択肢もあります。ドラッグストアではレジ業務等も担当しますが、薬剤師がいなければ販売できない薬などもあるためやりがいを感じられるはずです。病院も薬剤師が活躍できる就職先でしょう。より医療へ深く携わることができるので、医療に対する理解を深めたい方にもおすすめしやすい就職先です。

薬剤師のシニア求人はオススメです。一般企業で転職をすると初任給からのスタートになりますが薬剤師だと初任給が高いので安心して転職ができます。